子供たちの運動能力を磨く最適なトレーニング方法はあるのか

>

運動能力を磨こう

ゴールデンエイジとは

スポーツで活躍している選手たちの幼少期を振り返ると、小さい頃から特化したトレーニングをしてプロを目指してトレーニングをしていたという話を聞きます。
特別なトレーニングでなくても身体を動かす事を積極的に行っていたという人が殆どです。

運動能力に影響するセンスは成長期に正しい刺激を与える事で磨かれます。
個人差は多少ありますが、このセンスが磨かれる時期は3歳ごろから14歳ごろまでの時期だと言われています。
この時期に積極的にトレーニングをすればプロアスリートの夢が叶うかもしれません。

運動に必要なセンスが磨かれるスペシャルな時期はゴールデンエイジと呼ばれています。
プロを目指すまでいかなくても運動能力が高くて困る事はありません。
この時期を逃しては勿体ないですね。

ゴールデンエイジは3期に分けられる

スペシャル期と呼ばれているゴールデンエイジは3歳から14歳ごろと言われていますがその中でも3期に分けられています。

3歳から8歳の幼稚園入学から小学2年生位までの時期はプレゴールデンエイジ期です。
自分の身体を思うようにまだ扱えないこの時期は遊びやスポーツを体験させて色々な身体の動きを体験させる刺激をすると良いそうです。

9歳から11歳の小学3年生頃から5年生の時期はゴールデンエイジ期です。
自分の身体を思うように動かせるようになるこの時期は基礎が身についていれば人の動きを見るだけで習得できてしまう事もあります。
運動能力が抜群に伸ばせる時期だと言われている黄金期です。

12歳から14歳は小学6年生頃から中学生でポストゴールデンエイジ期です。
この時期には運動能力の9割が完成しているとも言われています。
最後の追い込みに専門性の高いトレーニングを取り入れたい時期になります。


この記事をシェアする