子供たちの運動能力を磨く最適なトレーニング方法はある?

子供たちの運動能力を磨く最適なトレーニング方法はあるのか

おすすめリンク

新しい発見が出来る類塾

答えは一つでは無いこと、一緒に学ぶ仲間と意見を交わす事で新しい発見が生まれるのも類塾の特徴!

黄金期があるらしい

親の自分が運動神経がないから子供も運動神経がないかもしれない、反対に自分の運動神経は抜群だから子供の運動能力も期待できるぞと運動神経に遺伝的要素が関係あると考えてはいないでしょうか。

実のところは運動神経というのは遺伝は関係ないそうです。
それよりも各年齢の成長に合わせた運動やトレーニングを行う事によって運動能力や運動神経が磨かれていくそうです。

運動神経抜群と運動能力に自信がある親は身体を動かすのも好きでしょうから、子供と一緒に身体を動かして遊んだりスポーツを楽しむ機会も自然と多くなるでしょう。
親が運動が苦手だと子供と一緒に外で思いきり身体を動かす機会が少なくなるかもしれません。
さらに今は昔と違って遊ぶ場所や遊ぶ時間が限られています。
塾や習い事で忙しかったり、近所の小さめの公園は近隣への配慮からボール遊びを禁止の看板があるところも多いですよね。

その影響か最近の子は運動が苦手という話を良く聞くようになりました。
親の運動神経は遺伝として子供に影響しないにしても、身体を動かす機会や頻度など環境的な影響を受ける事はあるでしょう。

つまり、自分が運動が苦手だからと言って子供が不憫だと感じる事も心配する事も無いという事です。
自分が運動が苦手と感じるのなら子供が身体を動かす機会を積極的に作っていけば良いのです。
効果を上げたいのなら発達に合わせたトレーニングをするのが理想的で、タイミングを逃さないことが重要です。

運動能力を磨こう

運動神経の高さは遺伝の影響が大きいと勘違いしている人が多いそうです。 遺伝の影響はないと言いきる説もあり、それによれば影響を与えるのは運動神経が磨かれる時期にどう過ごすかの方が重要だと言われています。 その時期はゴールデンエイジとも呼ばれています。

運動神経は鍛えるもの

子供の運動機能や運動神経は年齢と共に成長していきます。 あまり期待をし過ぎて無理をさせてしまうと苦手意識が強くなったりトラウマになってしまう事があるので注意は必要ですが、年齢や個性に合わせた適度な刺激を与える事で運動神経は鍛えられていきます。

体幹を鍛える運動をする

運動能力を鍛えたければ体幹をしっかり鍛える事も大事です。 最近の子供はすぐ転びやすいとかスキップができないとか体幹の弱さを指摘されています。 防犯的な問題やゲーム人気の高まりにより、外で遊ぶ時間が減少している事が原因なのではないかとも言われています。